臨床研究個別プロジェクトコース

臨床研究個別プロジェクトコース紹介

Clinical Immunology Research Course

Clinical Immunology(臨床免疫学)は、ヒト免疫疾患の理解と克服を目標とした学問です。生物学的製剤や分子標的薬により、自己免疫疾患の治療は大きく変わりつつありますが、治療効果が十分ではない症例はまだまだ多く、ヒト免疫の異常に関するより深い理解をめざして研究が進められています。
Clinical Immunology Research Courseでは、オンラインでの勉強会、抄読会を企画しています。臨床免疫学に関する新しい重要な研究成果につき、学生・研修医自身が原著論文を読みこなし、議論する力をつけることを目標とします。また、学生・研修医を対象とした臨床・研究セミナー、学会参加などを企画していますので、興味のある方はぜひご参加ください。
統計解析ソフトRを用いた遺伝統計学的実習については、昨年度から引き続き令和2年度も継続中です。

コースの概要

  1. 「Clinical Immunology Research Course, online」
    臨床免疫・膠原病に関連した、海外有力誌に掲載された最新の原著論文を、学生・研修医自身が抄読します。発表についてはチューターが丁寧に指導します。論文の内容について議論するとともに、臨床・基礎の両面から、関連した臨床免疫・膠原病に関する知識についてわかりやすくお話しいたします。Journal Clubで得た知識を基に、実際の研究計画を策定し、解析結果の学会発表をめざすことも可能です。
    学生・研修医向けの臨床・研究セミナーについても、随時ご案内します。
    担当:庄田 宏文、駒井 俊彦、土屋 遥香、花田 徳大ほか(アレルギー・リウマチ内科)
  2. 「統計解析ソフトRを用いた臨床免疫学実習」
    昨年度に引き続き、統計解析ソフトRを用いて、ゲノム医科学によるヒト免疫疾患研究の実際を実習するプログラムを継続中です。初めての方でも興味があればぜひご参加をお待ちしております。
    担当:太田 峰人(アレルギー・リウマチ内科)

Page TOP