臨床研究個別プロジェクトコース

臨床研究個別プロジェクトコース紹介

Critical Care Nephrology Course

Critical Care Nephrology Courseは、救急部・集中治療部と血液浄化療法部によって運営されるコースであり、救急・集中治療領域における体液・循環を中心とした全身管理と急性血液浄化療法に関した臨床研究を行う。Generalな知識が要求されるCritical CareとSpecialistとしてのアプローチが要求されるNephrologyが融合した、集学性(multidisciplinary)の高いコースである。本コースでは、臨床研究者(physician scientists)が、臨床における問題を解決すべく、どのようなアプローチで研究を行おうとしているのかが体感できるとともに、以下に述べるように実地臨床に基づいたトピックに数多く接することができる点が特色である。

責任教室・責任者 救急部・集中治療部 森村 尚登 教授
morimuran-eme@h.u-tokyo.ac.jp
血液浄化療法部 南学 正臣 教授
mnangaku-tky@umin.ac.jp
調整委員名 救急部・集中治療部 土井 研人 講師
PHS 36800, kdoi-tky@umin.ac.jp

本コースの構成は以下のとおりである。

1) 論文抄読会 (月1回)

救急・集中治療、血液浄化に関するテキストブックあるいは論文を大学院生・後期研修医とともに選択し、その内容を理解・発表する。学生のみならず、救急部・集中治療部、腎臓内分泌内科の研修医および指導医が出席し、実際の臨床現場の生の声がダイレクトにフィードバックされる点がユニークである。基礎研究の論文を詳細に読み込むことはないが、臨床家が数多くの臨床研究からいかに有益な情報を得ようとしているかが実感できるとともに、質疑応答も気軽にできる自由な雰囲気の中で行われることも強調したい。学生の出席を最優先とし、平日午後5時以降に開催する。

2) 救急・集中治療および血液浄化に対する疫学研究(個別実習)

現在、救急部・集中治療部と血液浄化療法部の共同研究が複数進行中である。2010年度は国際AKI観察研究であるAKI-EPI studyに参加、学生が主体となりデータ登録を行った。2011年度以降も、米国内科学会日本支部総会・腎臓学会を中心に多くの学会発表を学生が筆頭発表者として行っている。2015年には学生が筆頭著者の原著論文をPublishしている。

Shimizu K, Doi K, Imamura T, Noiri E, Yahagi N, Nangaku M, Kinugawa K.
Ratio of urine and blood urea nitrogen concentration predicts the response of tolvaptan in congestive heart failure. Nephrology (Carlton). 2015;20:405-12. [PubMed]

3) 敗血症・AKI動物モデルを用いた基礎研究(希望があれば対応可能)

新規AKI診断マーカーについて基礎研究で得た知見を臨床検体で検証するといったトランスレーショナル研究を既に展開している(Doi K, et al. Urinary L-type fatty acid-binding protein as a new biomarker of sepsis complicated with acute kidney injury. Crit Care Med 2010 [PubMed])。bench-to-bedsideのトランスレーショナル研究を別の角度から学ぶことが可能である。

平成29年度プロジェクト

テーマ 1)体重当たりの薬剤投与量は妥当なのか?
γ (ガンマ=μg/kg/min)などを用いて投与量が規定されている薬剤が実際にどのように投与され、その薬剤の効果がどのように現れているかを、薬物動態も考慮して評価する。

2)腎機能低下に合わせた適切な抗菌薬投与量をどのように決定するのか?
腎機能低下により減量が必要な薬剤が、十分に減量されているのか、不必要に減量されていないか、最適な投与量をどのように決めるのか、を検証する。

3)ARDS指標であるP/F比と全身酸素需給指標である乳酸を用いて、全身組織への酸素投与が適切に行われているか否かを検証し、予後との関連を評価する。
発表を目指す学会 集中治療医学会、救急医学会、腎臓学会、透析医学会

Page TOP